Facebook広告でGoogle+を宣伝したら止められた

次の記事

Twitterの今日まで

Google+で起きることはGoogle+の上だけで起きる。少なくともそれがFacebookの好む物の見方だ。ウェブデベロッパーのMichael Lee Johnsonは、苦心の末それを学んだ。彼はFacebookにいるGoogle+の友達を探すために、自分をGoogle+のサークルに入れてくれるよう依頼するFacebook広告を出した。どうやらFacebookは、彼がどこか別にソーシャルネットワークを作るために、自分のサイトが使われるのがイヤらしい。だから彼の広告を消去した。

JohnsonがGoogle+にこう書いている。

最近FacebookにGoogle+の広告を出したら、全部のキャンペーンが停止させられた。すばらしいね。

たしかに、Facebookは誰かがライバル製品宣伝にFacebook広告を使うことには不快感を示す。実は利用規約にも書いてある。しかし、まじめな話Google+の友達を探すのに、他にどこがあるというのだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)