ニュース
Google / グーグル(企業)

Google、サイト上でユーザーのウィルスを検出して警告

次の記事

Appleのティム・クック:中国はわれわれの業績にとって極めて重要

Screen shot 2011-07-19 at 5.21.18 PM

先ほどGoogleからちょっと興味深い発表があった。同社は自社データを使ってウィルスを検出し、今日(米国時間7/19)からGoogle検索ホームページを使って、ユーザーが特定のマルウェアに感染してことを警告する。プロキシー経由でGoogleその他のサイトにトラフィックを転送している、と判定されたウィルスに感染しているユーザーに対しては、上記の警告が表示される。

「データを利用して人々をマルウェアから守る」という好奇心を駆られるタイトルのついたGoogleブログ記事より。

最近われわれが、データセンターの定期保守を行っている際に、異常な検索トラフィックを見つけた。この改変されたトラフィックの送り元である何社かのセキュリティー担当技術者に協力を仰いだ結果、この振舞いをするコンピューターは、特定種族の「悪意あるソフトウェア」即ち「マルウェア」に感染していることを突き止めた。この発見の結果、今日一部のユーザーは、Googleウェブ検索結果の上部に、よく目立つ通知が表示されているのを見ることになる。

GoogleのMatt Cuttsがこのウィルスについて、彼のTwitterアカウントで詳細を説明しているが、どうやらウィルスはWindowsパソコンだけに影響を与え、Googleの検索結果を乗っ取るらさい。「われわれは、そうやってこのウィルスのことを知った」とCuttsは話した。

Googleがどの程度の頻度でこれをやるのかわからないが、私が知る限り、大手検索エンジンが、自社ホームページをマルウェアの警告に使ったのは初めてだ。もちろんこれは、Googleにとって最大の関心事だ。もしプロキシーが通信を傍受しているとするなら、潜在的にはGoogleアカウントもアクセスできる可能性があり、それはGoogleにとって頭痛のタネだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)