不動産情報のZillow、上場初日は200%急上昇後40%急降下

次の記事

Google+がiPhone無料アプリのトップに躍進

Zillow $33

いやはや。大波乱だ。オンライン不動産情報サイト、Zillowの上場初日は$60という記録的高値で幕を開けた。これは売り出し価格からすると200%のアップだった。しかし市場はあっという間に現実に返り、昼頃には$33へと45%も急降下した。

$60で寄り付いたと言っても、実際にその価格で株を買った投資家は少なかった。株価はすでに午前中に$40台に下落し、そのままじりじり下げ続けた。証券会社から売り出し価格の$20で入手できた幸運な投資家を除けば、こうした前評判の高い新規上場銘柄に上場初日に手を出すのは非常に危険だ(新規上場の売り出し価格は証券会社が決めるが、多くの場合、寄り付きで急上昇する。一般投資家が株を買えるのはそれからだ)。

Zillowの上場は中小テクノロジー企業の上場のテストケースとして注目を集めていた。LinkedInやPandoraとは異なり、Zillowはそれほど大きな会社ではない。2010年の売上はわずか$30.5M(3050万ドル)で、黒字化もしていない。寄り付き価格での会社総額は$1.6B(16億ドル)だったが、現在は$900M(9億ドル)を下回っている。

市場は適切な評価を手探りしているところだ。急成長しそうな企業の株式に対する需要は根強いが、そうした企業の現実の財務状態は甘いものではない。Zillowの場合、株価は最終的に$30台半ばで落ち着くのではないだろうか。売出価格の$20を下回らない限り、上場は成功だ。もちろん、今朝高値づかみしてしまった投資家にとってはそうではないが。

アップデート: (2:03 PM): 私がこの記事を公開すると同時に株価は再び上がり始めた。今$39だ。今日この後、どんな値動きになるかまったく見当がつかない。

Update 2: 株価の終値は$35.77だった。寄り付きからは40%のダウンだが、売り出し価格からは79%のアップだ。


 

The dangers of chasing a hot IPO on opening day – ouch on $z http://stk.ly/na1967

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+