Microsoftの売上、第4四半期173.7億ドル、今年度699.4億ドル

次の記事

Google Labsの閉鎖は、Googleによるイノベーションの歩みを止めるのか?

Screen shot 2011-07-21 at 1.49.16 PM

Microsoftは2011会計年度および同年度第4四半期の決算を先ほど発表した。年間売上は$69.94B(699.4億ドル)、2010年度から12%のアップとなった。年間営業利益は$27.16B(271.6億ドル)、純利益は$23.15B(231.5億ドル)で、それぞれ対前年比で13%、23%の増加。1株当たり利益は$2.69だった。

第4四半期の売上は$17.37B(173.7億ドル)と対前年比で8%の増加。営業利益は$6.17B(61.7億ドル)、純利益は$5.87B(58.7億ドル)で、それぞれ対前年比、4%、30%のアップ。1株当たり利益は69セントだった。

Microsoft Business Divisionの第4四半期の売上は$5.7B(57億ドル)と7%の増加。営業利益は$3.6B(36億ドル)。年間売上は16%増加して$22.1B(221億ドル)。Microsoft Office Onlineサービス(Bingを含む)は年間$2.6B(26億ドル)の赤字を計上した。第4四半期は売上$662M(6億6200万ドル)に対して$728M(7億2800万ドル)の赤字。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+