モバイル広告はAndroid vs. iOSでどちらが好成績か

次の記事

驚異的なAppleの業績: その“季節性を無視した変動”

ios-vs-android1

広告代理店BIA/Kelseyの推計では、合衆国のモバイル広告の売上は2015年に28億ドルに達する。モバイル広告がこれほど急成長しているのは、comScoreの5月の数字が示すように、スマートフォンの普及がその大きな原因だ。今、アメリカ〔総人口3億、15歳以上人口2億〕のスマートフォン保有者は、なんと7680万人に達する。

モバイルOSの主要選手たち…Android、iOS、RIM、Symbian、Windows…は依然としてしのぎを削っているが、今先頭を走っているのはAndroidだ。今とくに競争が激しいのはAndroid vs. iOSだが、この両者、広告の成績ではどうだろう? inneractiveが作ったインフォグラフィックを見ると、広告戦における両者の戦果がうかがえる。

それを見るかぎり、まだどちらが勝者とも言えないが、それぞれ、広告の成績に特徴があるようだ。それらについて説明する前に、まず、基本的な用語を勉強しておこう:

eCPM(effective Cost Per Mille)…実効CPM、CPMの値で見る実質広告効果。ワンクリックあたりの広告収入がE、ヴュー総数(インプレッション総数)V、クリック総数Cとすると、eCPM=((C×E)÷V)×1000。

CTR(Click Through Rate)…クリックスルー率。上を流用すると、CTR=C/V。CTRが1(==100%)なら、広告が見られた全機会にその広告がクリックされいる。

全域充足率(global fill rate)…広告の全インプレッション中におけるその広告の登場率。

さて、実効CPMでは、両社に大差はないが、iOSがAndroidをやや上回っている。CTRも同様だ。全域充足率とアプリケーションの平均ライフサイクルではAndroidが勝ち。

なお、inneractiveは最近、Nokiaの再起努力もインフォグラフィック化している。それはここで見られる。

ではとりあえず、Android vs. iOSを見ていただこう:

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))