Spotifyのエコシステムが成長: プレイリスト共有をより便利にできるサービスShareMyPlaylistsが登場

次の記事

モバイル広告はAndroid vs. iOSでどちらが好成績か

Spotifyの新しいユーザとなった合衆国の人たちは、今ごろきっと、プレイリストを作って友だちと共有するのに忙しいことだろう。この、プレイリストの作成と共有は、アメリカでもSpotifyが既存のMogやRdioのような音楽サービスを凌いで、やみつきのユーザを増やすだろうと思われる、最大の理由だ。少し前に、頭の良いちっちゃなスタートアップが、やはりこの機能の将来性に目を付けて、Spotifyの外でプレイリストを共有できるサービスを作った。

そのShareMyPlaylistsがこのたび、£250,000(25万ポンド)のエンジェル資金を確保した。エンジェル投資家のMark Pearsonは、Markco Media Ltd/MyVoucherCodesの会長だ。Pearsonは、UGCのメディアサイトBlottrにも投資している

ShareMyPlaylistsのファウンダKieron Donoghueによると、現在のサイトの月間ヴュー数は200万、毎日10000のプレイリストがプレイされている。会員は、毎日400名増えている。現在の会員数は78000、彼らが共有しているプレイリストは47000だ。

このサイトの魅力は、プレイリストの発見や評価がとても簡単にできること。プレイリストをクリックすると、ただちにSpotifyへ行く。なぜSpotify自身がこのように、プレイリストの共有機能を拡張しないのか、それが不思議だし、また、ぼくがSpotifyの経営者なら絶対に、ShareMyPlaylistsを買収するけどなぁ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))