Blekkoのインフォグラフィックができた

次の記事

ブックマーキングサービスの元祖Read It Laterが$2.5Mを調達, コンテンツのDropboxを目指す

私は本誌の(自称)インフォグラフィック担当だから、世界で初めて作られたBlekkoのインフォグラフィックをご紹介しないわけにはいかない。作者は、Cognitive SEOの友人たちだ。おまけ:“Blekkoのファウンダは誰と誰ですか”(三名)というクイズに正解できる私は、大馬鹿者だろうか? きっとそうだね。〔*: この記事の筆者Alexiaは、TechCrunch内でBlekkoファン〜ミーハーであることでも有名。〕

〔訳注:最後の「検索の人権宣言」より:
1.検索はオープンたるべし。
2.検索結果には人が介在すべし。
3.結果のランクを決めるために使われるデータは秘匿されざるべし。
4.Webのデータは即座に可利用たるべし。
5.検索に万能のアルゴリズムなかるべし。
6.高度な検索にアクセスできるべし。
7.検索エンジンのツールは万人にオープンたるべし。
8.検索とコミュニティは二人三脚たるべし。
9.スパムは検索結果に属さず。
10.検索者のプライバシーは侵されることなかるべし。


Company:
BLEKKO
Launch Date:
1/6/2007

Blekko is a search company founded by Rich Skrenta and his core team from previous company Topix and Netscape’s Open Directory. Blekko was founded halfway through 2007 and…

Learn more

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))