次期MacBook ProはAir遺伝子導入?

次の記事

偶然? パンパースのモバイル広告、セックス体位アプリ中に表示

AirシリーズのSandy Bridge採用によって、軽量ノートが主役に躍り出る準備が整った(と個人的に確信している)。しかし、これでは不足だというユーザーもいる。MacBook Proユーザーは、さらに大容量、大画面、そして多数のポートに慣れ親んでいる。もし噂を信じるなら、両世界のベストを結集したものが出来つつある。AirスタイルのデザインがProシリーズにやってくる。

ソースは曖昧であり( MacRumorsは「情報を得た」、TUAWは「聞いている」 )、眉につばを付けて聞く必要がある。しかし、たとえソースがなくても、これは理にかなった話だ。かなり憶測の余地はあるが。着地点はどのあたりか。

例えば、光学式ドライブは間違いなく削られる。Appleにとって幸いなことに、この項目に関してユーザーの優先順位は高くない。iTunesとMac App Storeの人気は高く、Apple Store自体、梱包ソフトウェアを徐々に排除しつつある。

さらに、Thunderboltによって、高速周辺機能の接続は非常に容易になる。光学ドライブ無し? 問題無し。100ドルの外付けドライブが内蔵ドライブと損色なく働く。

ストレージに関しては少し複雑だ。ストリーミングが普及したとはいえ、ローカルストレージは依然として重要だ。特にAppleがiLifeシリーズで強く推しているメディア編集においては ― ただし、プロたちはFinal Cut Xの不評を受けて逃げだすかもしれない。256GBのSSDは嬉しいが、みんなはテラバイトを欲しがっている。しかし2.5インチのノート用ドライブはAirライクなボディーにはまだ厚すぎる。ノート用の1TBドライブの中には厚さ10ミリ以下のものも出始めている。Airの薄いエッジには入らないだろうが、右上のエッジに2.5インチが入るかもしれない。Appleは場所を作るためになら喜んで基板をカスタマイズするだろう。

しかし、機械式HDDだけでは性能面で苦しい。だから私はSSD-HDDのハイブリッド方式を採用すると思う。システム、アプリケーション、一時ファイルなどをSSDに置き、大きなメディアはHDDに入れる。そのようにデータを分けることは難しくないし、Appleがどちらか1つのストレージタイプにコミットすることは考えにくいので、両方について何か面白いことをやらなくてはならない。

ポートも忘れてはならない。AppleはThunderboltを押したいので、ポートをそれのみにするのは彼らの夢だろうが、私の予想はThunderbolt 2ポートとUSB 2ポートだ。2.0か3.0か?Appleのことだから、Thunderbolt対応機器の魅力を高めるためにUSBの能力を制限しかねない。また、他でも指摘されているように、Thunderbolt接続のI/OハブはUSB 3.0の速度を容易に扱える。ただし、実は新しいシネマディスプレイのポートは2.0にしか対応していない。

年末発売(TUAWの予測)の場合、次世代プロセッサー(2012年1Qに登場)の採用は見送らざるを得ない。もっとも、Airのスタイリングを補助する意味でAppleはバッテリーの長寿命を売り込みたいだろうが、従来のCore i7からSandy Bridgeに切り換えたことで、十分目的は果たせるだろう。最新ハードウェアの欲しい人は、PCを買えばいい(私のように)。

結論。光学ドライブ無し、SSD/HDDのハイブリッド、Thunderboltx2、USBx2(およびSDスロットとイーサーネットはもちろん)。17インチ機には何かが追加されるかもしれないが、これらのスペックは決してあり得なくないと私は思う。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)