HotelTonight

直前のホテル予約サービスを提供するHotelTonight、対応都市を18に拡大してAndroid版もリリース

次の記事

Google、タブレットフレンドリーな検索ページを順次公開中

Miami South Beach hotel dealsPaul Carrや私の記事を見てもらえばおわかりのように、私たちはホテル業界に改革をもたらすサービスが大好きだ。とくにあらゆる人を対象とするのではない、目的を絞ったシンプルなサービスがお気に入りだ。

そのお気に入りのひとつがHotelTonightというものだ。ぎりぎりのタイミングになっても、泊まれるホテルを簡単に見つけることのできるモバイルサービスだ。このサービスをMacWorld開催直前のサンフランシスコで試してみた。結果、見事に役立ってくれた

最近の話をすれば、ワシントンDCでも使ってみた。飛行機に登場するまさにその瞬間、ホテルの予約をし忘れたことに気づいたのだ。宿泊当日の昼になって、まだその日のホテルが決まっていないという状況はまさに気の重いものだ。しかしここでもHotelTonightがあっさりと憂鬱を吹き払ってくれた。中心部にあるホテルを、他に考えていたホテルより40%も安く予約することができたのだ。ホテル探しに要した時間はほんの数分に過ぎなかった。

この非常に役立つHotelTonightのiPhone版はこれまでに60万回もダウンロードされている。そしてついにAndroid版も登場し、予定立案が嫌いな旅行好きAndroid利用者も恩恵をうけることができるようになった。

今回のニュースはAndroid版の登場ということのみではない。Battery Ventures、Accel Partners、およびFirst Round Capitalより325万ドルの資金を調達したのだ。さらに契約ホテル件数も350件に広がり、対応都市も18に広がった。現在対応している都市はニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、サンディエゴ、シカゴ、ボストン、ワシントンDC、シアトル、ラスベガス、フェニックス、ニューオーリンズ、マイアミ、オーランド、アトランタ、フィラデルフィア、ダラス、デンバー、そしてアナハイムとなっている。

次に対応を予定しているのはワイキキ、ヒューストン、そしてサンアントニオだとのことだ。CEOのSam Shankによると巨大都市については対応を後回しにしているとのこと。HotelTonightは1都市で推奨するホテルを3つまでに限定しており、そのために大都市では膨大な数のホテルから絞り込む必要がある。それゆえ契約締結が難しくなっているとのことだ。

ちなみにSam Shankはワイキキにもビジネス機会があることに驚いたと言う。アメリカ居住者にとって、ハワイという場所はまさに詳細に予定を立ててから訪問する場所だと考えていたとのこと。「実のところ、まず安いホテルで数日を過ごしてから、他の場所を検討してみるという人が多いようなのです」とShankは言っている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)