Google、タブレットフレンドリーな検索ページを順次公開中

次の記事

モバイルペイメントの革命児Square、ついに1日の取引額が400万ドル超え

tabletfeatこれまでもiPadやAndroidタブレットで、Google検索が使いにくいなどということはなかった。しかし使い勝手が格段に向上するようだ。Googleのアナウンスによると、タブレットでの利用を考慮したタッチインタフェースを実現していくとのことだ。

最大の変更点はナビゲーションメニューの表示形式だ。従来は左側にナビゲーションメニューが用意されていた(かなり密集したメニューで、隣のメニューをタップしてしまうことも多かった)。これがページトップに移動し、タッチインタフェースでの操作がやりやすくなる。このメニューから標準の検索結果、動画、画像、あるいは他のオプションを選択できるようになっている。ひとつのオプションを選択している状態で、さらにメニューから日付による絞り込みを行うこともできる。

細かな変更点は他にもある。フォントやサムネールが大きくなったのもひとつだ。タップミスを減らす工夫が成されているわけで、ボタンも大きくなっている。

Googleによれば新しいインタフェースは現在徐々に公開しているところで、すぐには見られない人が多いだろうとのことだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)