またまた驚異的なInstagramの実績―投稿写真累計1億5000万枚、毎秒15枚、80%がフィルターを利用

次の記事

利用者数500万を目前に、PulseがESPNとのニュース配信契約を締結

8174dc6269014fceb8577dfea2202aae_7

去る6月、われわれはInstagramが500万ユーザーを獲得するという実績を上げたことを紹介した。その時点での投稿写真の累計は9500万枚で、その勢いが継続するなら、1億枚を突破するのも時間の問題と思われた。ところが、なぜか1億枚突破のアナウンスがなかった。

しかし今日、わずか2ヶ月に、Instagramは、累計が1億5000万枚を突破したことを発表した。

Instagramがローンチしてからまだ9ヶ月しかたっていない。その間に1億5000万枚の写真がこのサービスにアップロードされたとは驚きだ。ちなみに、Flickrが1億枚を達成するまでに2年近くかかっている。信じがたい数字だが、Instagramに毎日投稿される写真は130万枚に上る―毎秒15枚だ。

Instagramの共同ファウンダー、Kevin Systromによれば、現在、ユーザーは700万を超えたという。2ヶ月たたないうちにユーザーが200万人も増えたことになる。大掛かりなプロモーションやマーケティングを一切していないにもかかわらず、InstagramはAppleのAppStoreの無料アプリトップ25リストの常連だ。

もちろん、現在Flickrには50億枚の写真が保存されているし、Facebookにはある週末に7億5000万枚の写真が投稿されたことがある。しかし現在Instagramが利用できるのはiOSという単一プラットフォームにすぎない。1億5000万枚の写真はすべてがiPhon(と多少のiPodtoucheとiPads)で撮られたものだ。一般のコンピュータも含めて、iOS以外のデバイスからは一切Instagramを利用することはできない。Android版が開発中だが、「今後もわれわれはモバイル・サービスに集中していく」とSystromは言う。

もう一つ驚くべき数字がある。Systromによれば、1億5000万枚の写真の80%にはInstagramのフィルタが利用されているという。また残りの20%についても、多くは独自のフィルター機能があるiPhoneアプリを経由しているということだ。

そういえば、ジャスティン・ビーバーもInstagramのユーザーだった。

上の写真はjanefotというユーザーから投稿された1億5000万枚目の写真だ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+