Google、Androidの「インテント」に似た「ウェブ・インテント」をChromeに導入

次の記事

発見:Twitterの「写真検索」ショートカットキー

最近のブラウザー戦争では数多くのイノベーションが生まれており、主要メーカーによる機能、性能の大きな進歩が見られる。そして今、ウェブアプリをさらに強力かつ柔軟にする新機能が生まれつつある。ウェブ・インテント、それはウェブアプリ間のコミュニケーションを可能にする。

今日(米国時間8/4)Googleは、Chromeにウェブ・インテントを統合する計画を発表した。これは、先月Mozillaも同プロジェクトを進めていることを発表したのに続くものだ(Googleの記事によると、両プロジェクトは従来別のものであったが、現在は単一APIとして統合されているようだ)。

それではウェブ・インテントとはいったい何か? 名称も目的も、GoogleのAndroidプラットフォームにある「インテント」システムによく似ている。簡単に言えば、インテントを使うと2つの別個のアプリケーションが、互いに相手が誰であるかを〈知る〉ことなく、やりとりができるという仕組みだ。両者は汎用のフックを提供あるいは受け取る。

Androidでは、例えば新しい画像編集アプリをインストールすると、内蔵のGalleryアプリはこの編集アプリに写真を送るために、特別なAPIを統合する必要がない。同じようにウェブアプリでも、新しい写真共有サイトは、AviaryやPicnikなどの画像編集機能を簡単に統合することが可能になり、どのサービスもその写真共有サイト固有のAPIを組み込む必要がない。

たしかに少々ややこしいが、これは良い話であり、ウェブアプリが今よりもネイティブアプリケーション的に動けるようになる。

動作中のサンプルページはこちら

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)