FBIが初めてのモバイルアプリケーションをロンチ–子どもの誘拐事件に備える

次の記事

いちばん働きたいスタートアップは自分の会社–5000人のアンケート結果

child id

合衆国連邦捜査局(Federal Bureau of Investigation, FBI)が今日、このお役所の初のモバイルアプリケーションを発表した。それは、‘Child ID’ (iTunesのリンク)と呼ばれるiPhoneアプリケーションだ。

このアプリケーションを使って親たちは、子どもの写真と重要情報を保存しておき、万一子どもがいなくなったときに警察などに迅速に’情報提供’をする(身長や体重なども重要だ)。FBIによれば、今のアメリカでは、子どもの行方不明が40秒に1件の割合で起きている。

FBIは、ユーザがこのアプリケーションに入力した写真や情報は、ユーザ自身が当局への提供を決断しないかぎり、他が収集保存することはない、と念を押している。

このアプリから親は、警察など関係当局に素早くメールを送ることができ、また子どもの安全のための秘訣や、子どもがいなくなった直後の最初の重要な数時間にやるべきことなど、ガイドブックも含まれている。

もちろんアプリケーションは無料。FBIによれば、’近い将来’iPhone以外の機種にも移植されるそうだ。

関連記事:

FBI Adds Facebook, YouTube, Twitter Profiles. MySpace Completely Dissed

The FBI Adds New Widgets And Facebook Quizzes To Its Social Media Arsenal

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))