heyzap

猫用のゲーム‘Game For Kittens’とHeyZapが組んで動物愛護に貢献

次の記事

あなたが今住んでいるのはAndroid州それともiPhone州?

checkincat

あなたの子猫が、ほかの動物たちを助けてあげられるかもしれない。そのために使うものは、猫独特の反射神経のみだ。

Game for Kittens‘は、あなたもご存じだろう。Little Hiccupが開発したiPhoneゲームで、まさにその名のとおりのゲームだが、ただし子猫にかぎらず、どんな年齢の猫でも遊べる。そして今週からこのゲームのデベロッパはHeyZapと共同して、Society for the Prevention of Cruelty to Animals(SPCA, 動物虐待防止協会)のサンフランシスコ支部の宣伝をすることになった。

宣伝の方法はこうだ: このゲームにはレベルが2つあり、一つは猫が仮想のレーザー光線を追い、もう一つはネズミを追う。そして今度からは第三の’秘密’のレベルが加わり、それはゲームをポーズするか、ひとつのレベルをクリアしてから’HeyZap’アイコンをクリックすると始まる。そのレベルをクリアした猫は、このページのリンクをツイートして、自分は頭の良い’チェックイン猫’だと自慢できる。そしてそのページに、SPCA SF支部へのリンクがいろいろある。

宣伝企画へのアクセスが、ちょっとややこしいとは思うが、でも良い企画だと思うな。しかもこれは、’Game for Kittens’に今後ずっと残る。

そして、あなたの猫が優秀なゲーマーでない場合は、このページへ行って、SPCA SF支部に直接寄付ができる。

〔訳注: この記事の原著者Jason Kincaidのお母さんは、実家で動物愛護活動をしているようだ(参考記事)。〕


[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))