ボーナスでKindle?! ちょっと待った方が良さそうだ

次の記事

3ペイン方式を採用したGmail。細かな問題はあれど今後に期待

School-Crossing-Guard-299x300Kindleは電子ブックリーダーとして、もっとも人気の製品だと言っても良いだろう。しかし「今」購入するのは待った方が良いのではないかと思う。否、「今」購入するのは愚かだという段階にきているかもしれない。あとしばらくは待つべきだ。新しいモデルの発表が間近に控えていると考えられるのだ。

Amazonは最近Kindleの価格改定を行っている。WiFiオンリーのモデルは99ドルで、3G版も129ドルで購入できる。またKindle 3のアクセサリも最安値となっている。Slash Gearの記事によれば、以前価格改定が行われてアクセサリ価格が下落した際、その1ヵ月後にKindle 3が発表されたとのことだ。これは、新たな電子書籍リーダーないし新デバイスが9月ないし10月に発表されるという噂に適合するものと言えよう。あと少しの辛抱ということなのではないだろうか。

Amazonが新しいKindleを準備しているというのは、ほぼ事実であると考えて良いように思う。一時流れた噂によれば、新しく「Amazonタブレット」も登場するかもしれないということだった。また第4世代Kindleにはタッチスクリーンモデルとローコストモデルが用意されているという話だ。最近の安値攻勢も、新型デバイスを売りだす前に在庫を一掃しようとする動きに見えないでもない。

Kindleは、新しいモデルが登場するたびにe-inkによる表示を改善し、メモリを増強してスタイルも一新してきた。今回もさまざまな改良を施し、物理的なキーボードもなくなるのではないかと噂されている。

待ち切れないという人には別の選択しもある。タッチスクリーンを採用したBarnes & Noble Nookはかなり良くできたデバイスだ。電子書籍リーダーとしてひとつの完成形に達しており、価格も139ドルと安価に入手できる。

いずれにせよ、Kindleを買おうと思っている人はしばらく待ってみた方が良い。数週間のうちには何らかの発表があるはずだ。すぐに本を読みたいのにという人は、図書館からでも借りてきて待っているのが得策だろうと思う。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)