速報―動画配信の大手Hulu、年内に日本でサービス開始

次の記事

「正義」とクラウドソーシング:ロンドンの暴徒特定に顔認識技術を使おうというGoogleグループが登場

Screen Shot 2011-08-10 at 3.59.11 PM

有料動画ストリーミング・サービスのHuluが先ほど、最初の海外展開計画を発表した。対象は日本だ。

Huluは詳細を明らかにするのを避けているが、日本で提供されるのは有料サービスのみのようだ(アメリカでは有料サービスに加えて無料配信も行っている)。Huluは東京にオフィスを開設しており、年内のサービス開始を目指して活動中だという(この点についても詳細は不明)。

ブログ記事にはこうある。

当社が日本でのサービス開始を心より喜んでおりますのは様々な理由からです。先ず始めに、日本は素晴らしい国だということです。日本の視聴者はプレミアム動画コンテンツへの関心が大変高く、その結果、日本は世界に通用するテレビ番組や映画を数多く生み出しています。(日本で制作されたコンテンツはずいぶん前からアメリカHuluで人気を集めています。)また日本には、ハリウッド映画や海外ドラマの分野において、未開拓の市場ニーズがあると考えております。その上、ブロードバンドの普及率の高さ、スマートフォンやインターネットに接続されたデバイスの浸透率、消費者の高い購買意欲など、当社のようなサービスを提供するにはとてもいい環境が整っているのです。私たちは、アメリカの国内サービスであるHuluやHulu Plusから得た経験、そして市場調査から得た知見を生かし、日本のみなさまのニーズに合わせた、付加価値の高い製品を提供する予定です。

Huluがアメリカで設立された当初、The Daily ShowThe Officeのような人気テレビ番組をインターネットで配信するのが主たる目的だった(その後、次第に映画配信の比重が高まった)。 2010年に月額$7.99の有料サービス、Hulu Plusがローンチされたが、こちらは無料版より幅広いコンテンツを多様なプラットフォーム(iPad、Xbox 360を含む)で提供するものだ。

Huluについては、著作権者がコンテンツの提供期間を勝手に決めることに関して不満の声がある。もっとも私自身はさほど不都合を感じていないが。

〔ここでメールアドレスを入力するとサービ開始時に招待状が送られる。http://www.hulu.jp/

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+