iPhone 4リーク事件、Gizmodo記者は不起訴 ― 他の2人は拾得物横領と盗品保持

次の記事

オフィスのランチ注文代行サービス、ZeroCaterが150万ドル調達

1年以上にわたる疑惑の後、盗まれたiPhone 4事件は結末らしきものを迎えた。サンマテオ郡地方検事補、Morley Pittは、Gizmodoの記者、Jason Chenに対する起訴は行われないと発表した。Chenは、盗難疑惑直後に警察の家宅捜索が行われて以来、罪の有無が注目されていた。

Pitt検事補は「これは極めてグレイな領域である」としながらも、ジャーナリスト保護法に関しては「これはわれわれが限界に挑むようなケースではない」と語った。疑いを晴らす文章としてはあまり厳密ではないが、実に思慮深い。

一方、その身分を隠した次世代電話機を飲み屋で見つけたBrian HoganとSage Wallowerは、起訴〈される〉ことになる。罪名はそれぞれ、拾得物横領(拾ったものを売ること)および盗品保持(売ろうと決めた時点で盗品になる)。二人には最大1年の禁固に罰金および保護観察が課せられる。彼らの運命をあまり憶測するつもりはないが、合法であるとされたばかりのジャーナリスティックな企てとの関係が、おそらく裁判官の同情を買うことになるだろう。

どうやら、誰もが私の記事、もし私だったらにリンクする時期が来たようだ。そこでは、トップシークレットのハードウェアに遭遇した際に避けるべき失敗がいくつか紹介されている。そしてみなさん、本誌へのタレコミは匿名が守られることもお忘れなく。

アップデート:これが地方検察局の正式文書だ。

iPhone Press Statement 8-10-11

[画像出典]

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)