HTML5のオフライン機能は全世界のWebサイトに革命をもたらす, いやほんとに

次の記事

これは巧妙な逆襲だ―Facebookは友だちのメールアドレスのエクスポートを面倒なオプトインで許可

offline

Kindle Cloud Readerを試してみたけど、すごいね。これほどすごいと思ったのは、昔々Mosaicが発明されて<IMAGE>タグが登場したときぐらいだな(今では、Mosaicを知らない読者も多いだろう。当時は、革命的と言ってもいいぐらい、すごい発明だったんだ)。

いや、むしろ、あのとき誰かがついに、<IMAGE>タグの正しい使い方を見つけた、と言えるかな。HTML 5はもうかなり前から使われているけど、みんなこれまで、居眠り運転をしてたんじゃないの。

今週の初めに、MG Sieglerが、Amazonのこの新しいリーダーについて記事を書いたけど、彼は、それが、われわれみんなにとって、すばらしい技術進歩であることを指摘しなかった。iPadの上でとってもきれいだ、なんてどうでもいいよ。いちばんすごいのは、HTML5のオフライン機能だよ。

Gmailなど一部のサイトには、前から、お粗末なオフラインモードがあるけど、それとこれとは全然違う。たとえば、Gmailにはオフラインのアウトボックスはない。Amazonが今回作ったものは、インターネットの未来をかいま見させてくれる。これからは、何もかもが変わるだろう。

ご自分で体験してごらん: 下の画像のようなポップアップが出るから、それをクリックしてからCloud Readerで本を読み始める。それからオフラインにしてSafariを再立ち上げし、接続のないままhttps://read.amazon.comへ行く。すると、さっき途中で読むのをやめた本を、その続きを、読めるのだ。Gmailなどは、こういうとき、醜いエラーメッセージを出すだけだよね。

[Allowを押すことによってオフライン機能のためにユーザのディスクスペースの使用を許可する–次にPin Bookでオフライン用に保存する本を指定する]

[上図のAllowダイアログの拡大図]

これからは、大好きなサイトを訪ねたとき、”接続してません”という悲しいエラーメッセージが出なくなるんだ。すごいと思わない? 私は、これによって、プログラマの失業率も下がる、と確信しているんだけど。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))