ニュース
Foursquare(企業)

オバマ氏がFoursquareにチェックイン!誰でも大統領をフォローできるよ

次の記事

Twitter、写真サービスAPIをサードパーティーに開放

最初はFacebook、次がTwitter、そして今度はFoursquare。オバマ大統領は間違いなく(ソーシャルプラットフォームを)歩き回っている。今日(米国時間8/15)ホワイトハウスのブログで発表されたところによると、オバマ大統領は中西部をエコノミック・バスツアーで移動中、この位置情報サービスにチェックインした。

大統領をフォローしたい人は、このホワイトハウスのFoursquareページに行けば、ホワイトハウスの便利情報を購読できるほか、ホワイトハウスや大統領関連イベントに行った時にチェックインできるようになる。オバマ氏はすでに、初の「Tip」として、ツアー最初の訪問先であるミネソタ州キャノンフォールズにあるローワー・ハンナズベンドパークに関するブログ記事にリンクを貼っている。ああ、誰か彼に言うべきだ、そこは正確には彼が使った場所ではないと。

このソーシャルメディア活動が、オバマキャンペーンの新たなCTOでこの手の流行に敏感なHarper Reed(Threadless前CTO)にどの程度影響されたのか、またこの位置情報ベースサービスが、支持者に彼の言葉を伝える上でどれほど有効なのかは興味のあるところだ。いずれにせよ、まずは彼のページを通じて大統領をフォローする必要がありそうだ ― モバイルアプリで「Barack Obama」を検索したら、ユタ州ソルトレークシティーの男とロンドンのBarack Obamaが見つかった。

ちなみにこのサービスで一番有名であろうバラク・オバマも、Foursquareで唯一の政治家ではない。ブルームバーグ市長が今年の夏にMarriage Equalitocalypse[同性結婚の聖地]にチェックインしたことは有名で、ミット・ロムニーとコーリー・ブッカーも自分のチェックイン場所をファンに公開している。〈ここに、オバマ大統領が訪れるすべての場所で自動的にメイヤー(市長)になるというジョークを挿入〉

追伸:どうやらFoursquareはホワイトハウスのページを、自動的にフォローし返すように設定したようだ。さもないと大統領は〈大量の〉友達リクエストを処理する羽目になる。さあ、今度はいつ彼がInstagramを始めるか、それが楽しみだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)