ニュース

Bootstrap: Webアプリケーションのための高度なCSSフロントエンドを手早く作れるツールをTwitterがリリース

次の記事

GoogleのStreet Viewがついにアマゾンの奥地に入り込む

twitter

Twitterが今日(米国時間8/19)、Bootstrapをリリースした。CSSを使うWebアプリケーションを作るためのツールキットで、CSSの文字指定、フォーム、ボタン、テーブル、グリッド、ナビゲーション、アラートなどなどを使ってアプリケーションのフロントエンドを作る。Bootstrapの入手は、GitHubのここで。

Twitterによれば、Bootstrapをロンチしたのは、個々のアプリケーションのフロントエンドのための統一的で一貫性のあるフレームワークを提供するためだ。このツールキットが開発されたのは、Twitterの最初のHackweekにおいてだが、その後Twitterは、デベロッパが使えるツールとしての仕上げに取り組んでいた。

Bootstrapを使うことのアドバンテージは、それがLessを使っていることだ。TwitterによればLessは、CSSに対するプリプロセッサで、いきなりCSSを書くよりははるかに、強力で柔軟性に富んだ表現ができる。たとえばLessでは、宣言のネスティング、変数、ミックスイン(Mixin)、演算、カラー関数などを使える。Lessを使ったことにより、Bootstrapの実装も容易になり、きわめてシンプルである(Twitterによれば、コード中に単純に挿入するだけでよい)。〔Lessに関する参考ページ。〕

Twitter曰く、Boostrapはフロントエンド用のツールキットとして人気が出始めている、それは、その柔軟性のためだ。同社のブログ記事によると: Bootstrapは、クリーンで可用性の高いアプリケーションを手早く作るための、とてもシンプルな方法である。

Twitterは最近、デベロッパたちに積極的に関与するようになっている。この前は、デベロッパのためのポータルを立ち上げた。なんといっても、今現在、登録されているサードパーティアプリケーションは100万を超えているし、世界中の75万以上のデベロッパがそれらに関与している。今も、新しいアプリケーションが1.5秒に1つの割合で、登録されている。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))