AndroidアプリをGoogle TV向けに最適化するツールをGoogleが提供開始

次の記事

高確度情報を入手―iPhone 5はCDMA / GSMデュアルモードのグローバルフォンだ

google-tv6-m

昨年の秋にGoogleは、Google TVをロンチして、家庭のリビングルームを乗っ取る最初の試みを行った。それは、Webとテレビを合体させて、これまでのテレビにない利便性と対話性をもたらそうとするものだった。

しかしそれは、これまでのところ、不発に終わっている。ユーザインタフェイスが複雑なのと、大手テレビ局の一部がGoogle TVからのアクセスを拒否しているために、普及は遅れた。Googleは今、このプラットホームの大改造をしているそうだが、今少なくとも一つだけ、未来の明るい光が見えてきた。Google TVがAndroidアプリケーションをサポートするのだ。

Googleはそもそもの最初から、Google TVはAndroidをサポートすると言っていたが、今日(米国時間8/22)やっと、その具体的な動きが見えてきた(前にGoogleはAndroidのサポートは今年の夏、と言っていた)。Googleは今日、Android SDKのためのGoogle TVプラグインの、プレビューバージョンを、リリースしたのだ。

それはまだ、Google TVにAndroidアプリをインストールできる、という意味ではない。デベロッパたちが既存のAndroidアプリを、いわゆる’10フィート体験'(10 foot experience, 10フィートは人がテレビを見る距離)に向けて改造〜調製できる、という意味だ。すると、Google TVのアップデートがユーザに提供されたときには、それらのアプリを使えるのだ。

Androidのブログには、こう書かれている:

今はまだGoogle TVの初期の日々ですが、このリリースは、大画面のためのデベロッパツールを提供する弊社の努力の一環です。テレビで使えるアプリの数はまだ少ないですが、このアドオンの早期リリースにより、最適化されたテレビアプリケーションをより早く、Google TVのエコシステムに持ち込むことができるでしょう。その作業を開始するために、今日ぜひ、Google TVアドオンをダウンロードしてください。またこれからも、Google TV Android Developer Communityのフォーラムを通じて、私たちとの接触を維持してください。Google TVへの、みなさまの貢献を期待いたします!

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))