Twitter、待ちに待った写真ギャラリーページをついに開設

次の記事

Steve Jobsに断られた携帯の電磁波測定アプリを作るTawkonが$1.5Mを調達

@life 3ここ数ヶ月、Twitterはユーザエクスペリエンスの向上に向けていろいろなアップデートを行いつつある。たとえば検索機能を強化し、Twitter.comのページから直接に画像をアップロードする機能も加わった。投稿した画像はPhotobucketに保管され、pic.twitter.comのURLでフォロワーに公開される。本件については6月にも記事にしているし、また写真アップロードの機能が全利用者に行き渡った段階でも記事を掲載している。

そして、今回発表になったのも、やはり写真関連の機能だ。これまでにツイートとともにアップロードした写真をイメージギャラリーとしてまとめて閲覧できるようになったのだ。

Twitterの新しいサポートページに記されている内容によれば、このイメージギャラリーにはTwitterに投稿した直近100件の写真が表示されるようになっているようだ。新しいものから順に1ページにまとめて表示されるようになっている。

「ユーザーギャラリーで表示される画像は、Twitter, yFrong, TwitPic, Instagramなどの画像共有サービス経由でツイートされた画像です」と、twitterヘルプセンターに記載されている。利用者の多くはこの機能を歓迎することだろう。友人がこれまでに投稿した写真を見るのに、サードパーティーのサイトに移動する必要がなくなるわけだ。外部サービスにアップロードした写真も含めてTwitter.comのサイト内で表示するというやり方は、Twitter.comへのアクセス状況にもプラスとなることだろう。

表示される写真が直近の100件のみというのは、技術的な制約とはいえやや残念な話だ。また動画のサムネイルおよび動画についてツイートした内容も表示されない。また、2010年1月1日よりも前に投稿した写真についてもギャラリーには表示されない。

尚「ユーザーギャラリー」はプロフィールページからリンクが張られている。「全てを見る」(view all)をクリックすると現在開いているウィンドウ内にギャラリーが表示される。画像の表示形式にはグリッド表示モードと詳細表示モードの2種類がある。前者では画像のみが表示され、後者では投稿された写真のサムネールが表示され、「サムネイルをクリックするとその画像が表示され、その下に一緒にツイートされた内容」が表示されるようになっている。

このギャラリー機能が2011年8月になるまで実装されずにいたというのは少々信じがたい感じすらしてしまう。しかしともかく登場したことに対しては歓迎したい。Facebookのウォールに表示される類似ユーザーのようなものを加え、その利用者についても同様に投稿写真がギャラリーで見ることができればさらに面白いのではなかろうか。

ところでまだプロフィールページにユーザーギャラリーのメニューが表示されない人もいるようだ。まだ表示されない人にも24時間以内には反映するとのことなので、しばらく待てば利用できるようになるはずだ。と、書いている私自身も記事執筆時点ではウェブでもTwitterのMac用クライアントでも利用できるようにはなっていない。しかしこちらでもすぐに使えるようになるのだろう。いずれにせよこうした機能をもう何年も待っていたのだ。今更数時間待つ時間が増えたところで大した問題ではない。

画像はTwitterの英語版サポートページに掲載されているもの。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)