Facebookの友だちをストーカーできるアプリFriend-Watch–あのAndyの懲りない第二作

次の記事

福島のロボットオペレータのブログが削除され, IEEEが英訳復活

facebook

今日(米国時間8/23)出たFriend-Watchは、友だち全員をストーカーできるFacebookアプリケーションだ…つまり、個々の友だちの、ふつうなら気がつかないこともあるさまざまな変化を、すべて細かく教えてくれるのだ。どんなことが分かるかというと、彼/彼女が(1)名前を変えた、(2)あなたを友だち(フレンド)にした、(3)アカウントを無効にした、(4)アカウントを復活した、(5)あなたを削除した、(6)あなたをブロック/アンブロックしている、などなど。あなたの友だちの数、性別など、一般統計のようなことも、やってくれる。つまりこれは、あなたのFacebookプロフィールの分析プログラムだ。

作者はデベロッパのAndrew McGrath、彼は最近、ソーシャルメディアの管理サービスSyncapse(Facebookアプリも作っている)の、プラットホームオペレーション担当ディレクターになった。

McGrath以前、今では禁止されている”Who Isn’t My Friend?“を作った。それは、誰かがあなたを”アンフレンド”したら通知するプログラムだが、Facebookはアンフレンド行為を調べることがお気に召さなくて、すぐにブラックリストに載った。今回は、McGrathによれば、事前にFacebookに相談し、彼らのガイドラインに従ったそうだ。

今度のアプリは分析を重視していて、たとえば、Facebookユーザの平均友だち数と、あなたのフレンド数を対比したり、友だちを性別に分類したり、もうすぐ、友だちの住所を示す地図も提供される。もちろん、上に挙げた、ブロックしている、アカウントを無効化している、名前を変えた、などなども調べてくれる。

ただし、いくつか注意すべき点がある。まず、デフォルトでは、あなたが誰かを”アンフレンド”したら、それはあなたのウォールにポストされる。それが嫌なら、アプリの[Setting]へ行って、その設定をoffにしなければならない。毎日、要約のメールが来ることも、offにしたいかもしれないね。

また、このアプリは、画面を切り換えるとき広告が出るし、下にバナー広告も出る。それだけでなく、あなたに寄付も求める。ちょっと、うるさいかなぁ。しかしそれでもFriend-Watchは、便利で楽しいアプリだ。友だちに起きている変化が、”受動的なストーカー行為”により、全部分かっちゃうんだから。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))