NEC
Brother
airscoter

画面の向こうが透過して見えるヘッドマウントディスプレイAiRScouterをBrotherが一般発売

次の記事

Facebook、Groupon対抗の割引クーポン・サービスから撤退―Foursquare対抗サービスは半分残す

Picture 6

ときどき、未来的な外見をした器具や装置が商品化される。Brotherが今回発表したAiRScouterは、透明で透過性の液晶を使っているヘッドマウントディスプレイで、2008年に登場して以降、改良を重ねてきた。装着時の画面の印象は、1メートル先の16インチのスクリーンにほぼ相当する。

Brotherによれば、NECとの契約により後者はこの秋に、この技術を使った着装型コンピュータTele Scouterを発売する。Brotherはこのほか、Air Scouterが、製品の組み立て、部品の取り上げと選択、工場における遠隔操作などに利用されることを期待している。

ディスプレイの性能は、解像度が800×600、輝度が600cd/m2、重量106gだ。関連記事が、ここここにある。

これが、デモビデオだ:

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))