東芝、今週のIFAで超薄型Androidタブレットを発表か?

次の記事

O2OアプリのShopping+は商品にチェックインしてリアルな店舗にある商品情報を共有する

toshiba_tablet_ifa_2011_leak

東芝のThrive〔Regzaタブレット〕はあまりスマートなAndroidタブレットとは言えない。なるほど、ポートはたくさん用意されているし、バッテリーは取り外せるし、値段も安い。しかし筐体はかさばっていてプラスチックの安物という感じだ。東芝のロゴがなければどこかの中国メーカーの製品かと思うところだ。

しかし東芝ファン、喜べ! 東芝は今週開催されるIFA2011ショー〔9/2ベルリンで開幕〕で、AsusTransformerやSamsung Galaxy Tabに匹敵する美しいデザインでI/Oポートも用意されたThriveの新モデルを発表するらしい。


リーク情報の常で、詳細は不明だ。値段、発売地域、正確なハードウェア仕様など一切分かっていない。この写真にしてもポートのサイズがおかしいように思えるし、本物かどうか保証のかぎりではない。ともかくmicro HDMI、micro USB、幅広のMicroSDカードスロットがあるようだ。デザイン的にはいただけない太い筋が見えるのが、取り外し可能なバッテリーコンパートメントだとよいのだが。Android and Meによれば、TI OMAP4460 デュアルコア1.5GHz CPUに10インチのスクリーンが装備されているという。

東芝はおそらくIFAの開幕前にも正式発表をするだろうと思う。ぐずぐずしているとリークが続いてニュースバリューが失われてしまう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+