AndroidとAppleの7月のアメリカ市場シェアは合計70%弱に

次の記事

Onavo―iPhoneユーザ必携のデータ圧縮アプリ(の簡易版)がAndroidに登場

smartphone market share july 11

7月のアメリカのスマートフォン市場におけるAndroidとAppleの合計シェアが70%近くにまで上っていることがcomScoreの新しい調査で判明した。 このうちAndroid携帯が約42%を占め、AppleのiPhoneは微増して27%を獲得している。Androidの成長は急で、4月から5.4%ポイント、6月からも1.7%ポイント増加している。これに対しiPhoneのシェアは3ヶ月で1%ポイントの増加、 6月からは0.4%ポイントの増加にとどまった。

これら両OSのスマートフォンは引き続き、RIMのBlackberry、Microsoft、Symbianから市場を奪っている。最大の被害を受けているのはBlackberryで、今年4月から7月にかけて4%ポイントを失って21.7%となった。MicrosoftのモバイルOSのシェアも1%ポイントダウンして5.7%となった。Symbianのアメリカ市場でのシェアはわずか1.9%だった。

スマートフォンの利用方法のトップは以前、テキスト・メッセージで、70のユーザーが利用していると回答した。ウェブサイトのブラウジングとアプリのダウンロードをしているユーザーは41%だった。TechCrunchの読者なら、スマートフォンを買っておいて、ブラウンジングもしなければアプリもダウンロードしないユーザーが60%もいることに驚いているだろう。

皆さん、スマートフォンはコンピュータなんですよ。ちゃんとその機能を生かして使おう。つまりブラウザでウェブサイトを見たり、アプリをダウンロードしたりする! そうしないなら二つ折り携帯でたくさんだろう。

スマートフォン・プラットフォーム
2011年5月-7月平均対2011年2月-4月平均
対象:13歳以上のアメリカの全スマートフォンユーザー
comScore MobiLens調べ
シェア(%)
2月-4月 5月-7月 増減(%ポイント)
全スマートフォンユーザー 100.0% 100.0% N/A
Google 36.4% 41.8% 5.4
Apple 26.0% 27.0% 1.0
RIM 25.7% 21.7% -4.0
Microsoft 6.7% 5.7% -1.0
Symbian 2.3% 1.9% -0.4

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+