AppleはユーザのiOS製品の故障診断修理をWebからリモートで行う予定

次の記事

VMwareのエンタプライズソリューションがSamsungのGalaxy製品に載っかる–やがてLG製品にも

stethoscope

iPhoneやiPadの動作がおかしくなったら、ほとんどの場合、お近くのGenius Barに駆け込むだろう。面倒だが、愛するiXxxの命には代えられない。しかし、使いやすいというApple製品の重要な基準は、ユーザインタフェイスで終わる話ではない。

というわけで、Hardmacの報道によると、Appleは今日(米国時間8/31)社内的に、iOS製品のためのWebベースのリモート診断ツールを発表した。言い換えると、今後のiPhoneやiPodの問題は、前よりも容易に解決できるのだ。

まずユーザは、問題の製品のURLをAppleにメールする。SafariがそのURLをロードすると(ブラウザにタイプしてもよい)、問題発見のためのテストが始まる。テストの結果はAppleの技術者たちに送られ、彼らはリモートでその問題を修復しようとする。あなたのデバイスが、ブートもできず、Safariの立ち上げどころではない、という騒ぎなら、もちろん、これは不可能だが。

この新しいWebベースのツールは、デバイスの健康状態、電池の残量、この前の変化変更からの経過時間、電池の最低電位、iOSのバージョン、最前にデバイスが正しくシャットオフされたか、などをチェックする。

そのテストが、デバイスがジェイルブレークされていることもチェックするのか、今のところ分からないが、しないとしたら、馬鹿げてるね。iOS製品をジェイルブレークしたら保証切れになるから、Appleが問題解決のために提供しようとするサポートも、…いただく資格がない。

Hardmacによれば、このツールの一般供用開始は、数か月後だそうだ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))