ニュース

電子タバコも「ソーシャル」の時代? 近くの「Eスモーカー」を探してくれるBlu Cigs Smart Pack

次の記事

Windows PhoneアプリはWindows 8で走るのか?

どうやら世界は「ソーシャル」という言葉をありとあらゆる物に塗りたくるつもりらしい。ぴったりの例を挙げよう。その名はBlu Cigs Smart Pack。これは、電子タバコのメーカーであるBlu Cigsの新製品で、近くの電子タバコ利用者とBlu Cigs販売店を見つける誘導装置がついてくる。一見、どうかしてると思えるかもしれないが、私はこれを鋭い発想だと思う。

理由はこうだ。

喫煙とは本質的にソーシャルな行動である。赤の他人がライターやタバコを貸し借りし合い、10分間のタバコ休憩の間じゅう話題を共有する。喫煙自体を嫌いになった後でさえ、やめるのは難しい、なぜなら、仕事中に同僚や見知らぬ人たちと交際し、必然的に友情を芽生えさせる余分な時間を得られるからである。しかし電子タバコを吸う人は、およそ歓迎されない。

そこでBlu Cigs Smart Packである。この誘導ビーコン装置は、他のBlu Cigsスモーカーが半径50フィート[15メートル]以内にいるか、近くに販売店があると教えてくれる。この「ソーシャル統合」に加えてBlu Cigsは、さらに面白い機能をこの商品に取り込んだ。

電池を改善して充電をやりやすくし、寿命を延ばしたほか、「自動注文」機能が付けられた。あらかじめ設定しておけば、買い置きが少なくなると自動的に新しい電子タバコを注文してくれる。Blu Cigsはさらに「Convenient Cartomizer」を追加し、利用者はニコチンの強さと味を自分でコントロールできる。

Blu Cigs Smart Packのスターターキットは、オンラインで購入できて、価格は79.95ドルだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)