ニュース
KDDI Webcomunications
KDDI(企業)
jimdo
Google / グーグル(企業)

GoogleとKDDI、Jimdoのホームページ構築ツールを利用して「みんなのビジネスオンライン」サービスを開始

次の記事

Windows 8、「死の青画面」が友好的に―「困った」の顔文字入り

Picture 2

ヨーロッパのスタートアップ(というか外国のスタートアップ)が日本で成功する例は少ない。そのわずかな成功例にJimdoが加わった。同社はウェブサイト構築サービスを提供するドイツのスタートアップだが、東京のKDDI(携帯契約者3000万人、年間売上400億ドルという巨大電話会社)が数年前にTechCrunch Japanでその紹介記事を読んだ。

KDDIの事業部、KDDIウェブコミュニケーションズは2009年初めにJimdoの日本版の開発に成功し、以後順調に成長しているようだったが具体的情報は少なかった。しかしさきほど、KDDIとJimdoは事業の大きな前進を意味する重要な発表を行った。両社はGoogle Japanを始めとする重要な現地パートナーの獲得に成功した。

今回発表された提携で、KDDIとGoogleはみんなのビジネスオンライン(みんビズ)というサービスをスタートさせた。名称でもわかるとおり、このサービスはスモールビジネスから中規模の企業向けに独自のウェブサイトが15分で作れるというものだ。

「さあ、はじめよう」ボタンを押すとまずは下のような画面が表示される。


「みんビズ」では14業種に対して100種類のデザインテンプレートを提供している。ユーザーはその中から自社にもっとも適したものを選ぶ。ドメイン名は.com、.jp、.bizなどポピュラーなトップレベルドメインが選択できる。最初の1年は無料で、翌年からは月額1470円の利用料金がかかる。〔料金については下記アップデート参照。〕

Jimdoはこのサービスを動かすツール自体を提供し、KDDIとGoogleが運営、営業、広告(特にウェブサイト運営者に対するAdWords広告の供給)を担当する。パートナー各社の目標は(ともかく計画では)相当野心的だ。GoogleJapanによれば、24% of 470万社といわれる日本の中小企業のうち、現在オンラインでウェブサイトを運営しているのは24%にすぎない。初年度に15万社の新規契約者を獲得しようという計画だ。

Jimdo-KDDI-Google提携についてはAsiajinブログに詳しい記事(英文)がある。

日本版アップデート:2年目からの料金についてKDDIウェブコミュニケーションズに問い合わせたところ以下のような回答がありました。

Jimdo Pro費用 月額945円 x 12ヶ月 = 11,340円
ドメイン費用 年額6,300円
合計金額 17,640円
上記合計金額を12ヶ月で割ると、1470円/月額。
仮に、.jpを使わない場合は(.com、.org、.infoなどが利用できる)Jimdo Pro費用11340円/年額のみとなり、月額換算すると945円。ただしKDDIでは.jpドメインの利用を推薦。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+