Case-MateのホームページにiPhone 5のリーク写真?

次の記事

Softbank、シンガポールの独立系モバイル広告ネットワークInMobiに 2億ドル出資

iphone 5 casemate9

おっと、もう消えてしまった。私がこの記事の「公開」ボタンを押すより早く、Case-Mateは問題のページを削除し、普通のランディングページに差し替えた。しかし、ほんの一瞬の間にせよ、Case-MateはiPhone 5のものらしき写真を多数公開した。問題の携帯は現在のiPhoneとはわずかに異なったデザインでむしろiPadを思わせた。

新たなiPhone 5のリーク情報ゾーンへようこそ!

Case-MateがiPhoneケースを広告するためにどんな携帯を使ったのかはもちろん明らかではない。 Appleがアクセサリーメーカーに新発売の実機を事前に貸与するというのはありそうにないから、今は削除されたページの画像は加工されたものである可能性が高い。しかし商品として販売を予定しているからには、部分的にせよiPhone5の仕様に基づいているはずだ。という推定が正しいなら、iPhone 5のデザインは全体としてiPad 2に似ており、傾斜した背面と薄さは現行のiPodtouchに似ていることになる。

Case-Mateが大急ぎで削除したのは問題のページはうっかりミスによる公開とも思われるが、一方では現在のランディングページに人を集めようというプロモーション作戦の一環だった可能性もある。

Appleでは次のiPhoneを数週間以内に公開するとしている。今回の画像は一連のリーク画像の最新のものだ。iPhone 4のときはGizmodoが大スクープをものにしたが、iPhone5の秘密保持態勢は今や穴だらけのようだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+