RePro3D
keio university
Gadgets 3d
displays

仮想オブジェクトに"触る"ことができる裸眼用3DスクリーンRePro3D

次の記事

Twitterがチーフサイエンティスト–元SummizeのAbdur Chowdhury–を失う

keio 3d

これは、まったく新しい3Dスクリーンだ。日本の慶応大学の研究チームが作ったこのディスプレイは、画面上の仮想3Dキャラクタにユーザが”触る”ことができる。このRePro3Dと名付けられた作品は、裸眼のフルパララックス3Dディスプレイに、触覚能力のあるインタフェイスを組み合わせて、ユーザが3D環境中の仮想オブジェクトを自分の指で操作できる。

制作者たちの説明:

RePro3Dは、対話型の3Dアプリケーションに適した、フルパララックスの3Dディスプレイである。それは逆反射投射技術(retro-reflective projection technology)を用い、プロジェクターの配列からの複数の画像が逆反射スクリーン上に表示される。視る者がハーフミラーを介してスクリーンを視ると、特殊な眼鏡等は使わずに、現実場面の上に3D画像がスーパーインポーズされる。

システム全体が現状ではややハッカー的だが、今後はゲームなどの3Dアプリケーションで実用化されるよう、改良を重ねていく予定だ。

このビデオ(英語)を見ると、もっとよく分かるだろう(撮影は東京のDigInfo TV):

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))