ニュース
voice actions
Google / グーグル(企業)
Android(製品・サービス)

AndroidのVoice Actions(音声コマンド)が今日からEU各国の言語をサポート

次の記事

企業サイトの製品/商品ページのビデオ化を一手に引き受ける–SellStageが非公開アルファへ

googleuk

合衆国のAndroidファンはもう一年以上、Googleの便利なVoice Actions for Androidを利用してきた。外国人のユーザにも利用できるが、サポートされている言語はアメリカ英語だけだった。しかしEUの友人たちにとってありがたいことに、Googleは今日(米国時間9/16)、Voice Searchをアップデートして、サポートする言語の数を増やした

そのアップデートはまだMarketに登場していないようだが、これからはコマンドを、イギリス英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語で言うことができる。使えるコマンドは、下のリストのものがすべてだが、やり方は前と同じだ。Google Searchのバーウィジェットで検索ボタンを押すか、マイクロフォンアイコンをたたいて、コマンドを言う。ただし、Android 2.2以上でないとだめだから、ご注意を。

[音声コマンドのリスト]

  • send text to [contact] [message]
  • call [business]
  • call [contact]
  • go to [website]
  • navigate to [location/business name]
  • directions to [location/business name]
  • map of [location]

〔テキストを〜へ送れ/〜に電話をかけろ/〜のWebサイトへ行け/〜へナビゲートせよ/〜の方向/〜の地図〕

Voice Actionsはいつも、人間の音声入力を気味が悪いぐらい正しく理解していたが、世界進出を開始した今では、各地の方言や訛りが問題だろう。たとえばイギリス英語では、ウェールズのアクセントや、あのあたたかいスコットランド訛りはどうなるのか。Voice Actionsが無限ループになるかな? でも今回のアップデートは、外国語の学習には便利かもしれない。あなたのスペイン語やイタリア語やフランス語の発音が正しいか、それは、Voice Actionsで試せばすぐに分かるだろう。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))