Insites Consulting
Insites

10億人以上が利用する、ソーシャルネットワークを巡るさまざまな事実

次の記事

立体物をプリントするMakerbotが極細エクストルーダーを発表

ある日の朝、下に掲載したスライド資料がメールの受信箱に届いていた(実のところはSlideshareへのリンクであり、資料のボリュームを考えるとリンクで良かったというべきだろう)。送り主はInSites Consultingで、個人的にはヨーロッパで指折りのリサーチファームだと思っている。

今回送られた資料で扱っているのは「世界におけるソーシャルメディアの動向(数字と資料で見る世界30以上の国々におけるソーシャルメディア)」という内容だ。

とても興味をひいたのは、たとえば調査対象の国々においてFacebookの知名度はほぼ100%であったとのことだ。あるいは今や10億以上の人、ないしオンライン人口の約70%がソーシャルネットワークを利用しているということになるそうだ。

また、新たなソーシャルネットワークの成功が非常に難しいものであることも指摘されている。すなわち回答者の60%が新たなソーシャルネットワークなど必要ないと回答しており、また93%の人が既存のものに満足しているとも回答している。こうした状況をInSitesは「大手ソーシャルネットワークはますます巨大化し、小規模のところはますますやせ細っていくことになる」と表現している。

ソーシャルメディアを巡るさまざまなデータや統計情報をご覧になりたい方は、下に掲載した167枚のスライドを見てみていただきたい。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)