watches
watch
tag heuer

世界最速クロノグラフ、驚愕の速度を実際に見てみよう(ビデオ)

次の記事

Larry PageとEric Schmidtが二人並んでGoogle Zeitgeistのステージに立つ

TAGHeuerMikrotimer2下に掲載しているビデオはTAG Heuerのマイクロタイマーフライング1000コンセプトクロノグラフの動作の様子を撮したものだ。この機械式時計は1000分の1秒を測ることができる。1000分1秒とは、人間が瞬きする速度の300倍の速さだ。恐るべき速さで針を動かして1000分の1秒を計時するため、この時計は500Hzの速さで動作している。すなわち内部の小さなバランスホイールが1時間に360万回も振動するのだ。たいていの機械ならあまりの振動数に壊れてしまう速さだ。

どれほどのことなのかよくわからないという方に説明しておこう。たとえばRolexの場合、平均的な振動数は1時間に28,800回(beats per hour : bph)となっている。一般的には50,000bphを超えるスピードを実現することなどあり得ないことだ。Hodinkeeの記事にもあるように、「このマイクロタイマーは、恐ろしく強固なキャリバーを搭載している」。この時計はスポーツカーのエンジンよりも速く動作し、高価な宝物と同様に扱われるモノであるわけだ。

ちなみにこの腕時計はコンセプトモデルであり、市販されていない。しかし機械式の美しさを体現する、素晴らしい逸品であると思う。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)