FlickrのAndroid版オフィシャルアプリケーションがついに登場(日本でも公開開始)

次の記事

シリコン半導体が'光合成'を行う'人工葉'をMITが開発

flickrappp

Androidを使いながら、かつFlickrを使うというのはなかなか不便なものだった。Flickrの公式アプリケーションはなく、またサードパーティのものにも、これはというものがなかった。そのような中、ついにYahooがFlickrの公式アプリケーションを出してくれた(訳注:日本でも使えるようになりました)。「公式」というだけではなく、なかなかよく仕上がっているように思う。

写真をブラウズできるのはもちろんだが、他にもいろいろな機能が実装されている。使い勝手もまずまずで、Flickrの機能をうまく利用できるようになっていると思う。フルサイズの写真をダウンロードしたり、メールで送るのも簡単に行える。また壁紙として保存するのも簡単だ。起動時はActivity表示画面になる。最近お気に入りに登録された写真などが表示される。私の場合はお気に入りに登録されるような機会も滅多にないが、Flickrを大いに活用している人は、お気に入りへの登録具合や、最新のコメントなどがすぐに表示された方が使いやすいのだろう。

携帯カメラで撮影したものを登録するだけというわけでなく、アプリケーションには撮影機能もついている。アスペクト比を変更する機能や、フィルタ機能が用意されている(フィルタには都市の名前が付けられている。メニューに表示されるサンプルを見ても、だいたいどのようなフィルタなのかということは分かるかもしれない)。写真の詳細情報(タグや説明)などをつけることもできるし、また他のソーシャルネットワークやメールで共有する機能も付いている。もちろん投稿した写真はFlickrにも登録される。テスト用に1枚写してみたので見てみて欲しい。適用したフィルタは「Java」だ。

今回のFlickrアプリケーションが「Instagramキラー」になるようなことは断じてない。しかし、Flickr愛好家の人々にとっては、ひとまずの朗報と言えよう。ちなみに今回のアプリケーションには「セット」を操作する機能は含まれていない。セットが扱えれば、「きちんと」した写真と「携帯写真」を分けておくことができて便利だったかもしれない。

回線速度の問題がなければ動作も軽快だ(wi-fi環境でないと少々厳しいかもしれない)。グループやコレクションなどの機能が必要ないのなら、それなりに満足できるアプリケーションに仕上がっていると思う。できることなら、次のリリースではコミュニティ機能をもう少し充実させて欲しいと思う。より詳しい説明やスクリーンショットはAndroid Marketの方をご覧頂きたい。アプリケーションの名前は「Flickr」だ。Android Marketでうまく探せないときにはYahoo Incの名前も一緒に指定すれば出てくると思う。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)