rohm
resistors
Gadgets smartphones
ceatec 2011

スマートフォンが超薄超軽になる?–日本のRohmが世界最小の抵抗器を開発

次の記事

自分が今履いている靴を見せびらかすサイトToday's Kicks–Twitter上で人気

rohm

今年のCEATEC 2011で、Rohmのブースは通りすがりに見ただけだけど、でも展示物はなかなかおもしろいものだった。同社は、世界最小のチップ抵抗器を作ったのだ。サイズは0.3㎜ x 0.15㎜で、これまでのものより44%も小さい。

RohmはCEATECで、砂時計の中に砂の代わりにこの抵抗器を50万個入れて、その小ささをアピールしていた。

実は、あまりにも小さいので今あるマウント装置等では扱えない。日本の経済紙、日経によると、Rohmは現在、この抵抗器を回路基板にマウントする技術を開発するためのパートナーを探している。


スマートフォンは、400近くのチップ抵抗器を使っているから、それらが小型化すれば今よりも薄くて軽い製品が期待できる。

Rohmの計画では、大量生産は2012年の秋からの予定だ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))