social networks
emarketer

世界のソーシャルネットワーク広告の売上、今年は54億ドル、2013年には100億ドルの見込み

次の記事

Apple、やっとiPhone用Micro USBアダプタをリリース(ないよりはマシ?)

Social Network

eMarketerの予測によれば、今年の世界のソーシャル・ネットワーク広告の売上は、$5.54B(55億4000万ドル)に達し、2013年には倍増するという。eMarketerの調査の対象にはFacebook、Twitter、LinkedInなど世界の主要なソーシャルネットワークが含まれる。

今年のソーシャル・ネットワーク広告の売上のおよそ半分、$2.74B(27億4000万ドル)はアメリカ市場だ。予想通り、この売上の大半は8億人のメンバーを擁するFacebookからのもので、今年は$3.8B(38億ドル)に上ると予想されている。

市場が成長していることは明らかだが、eMarketerのデータによれば、ここ数年でもっとも著しい成長が期待されているのはアメリカ以外の国々のようだ。2013年までに、世界の売上100億ドルのうち、アメリカ以外の国での売上が51.9%を占めると予想されている。同時に、アメリカ市場でもソーシャル・ネットワーク広告の売上は50億ドルに達する。

ソーシャル・ネットワーク広告の売上は2010年に50%成長し、今年は55.6%の成長が見込まれている。ただし成長率は2012年には45%、2013年には25.2%に鈍化する。

このところTwitterの広告収入が着実に伸びていることが判明しているが、Twitterが準備中のセルフサービス広告が軌道に乗れば、伸びはさらに加速するだろう。eMarketerは今回、初めてプロフェッショナル向けソーシャル・ネットワークであるLinkedInを調査対象に加えた。LinkedInも最近多数のソーシャル広告のフォーマット (Facebookタイプ)を発表している。

eMarketerは今年LinkedInが$140.8(1億4080万ドル)の売上で世界のソーシャル広告の3%を占めるようになると予測している。LinkedInはこの2年間に広告売上を3倍増させている。ただしMarketerは成長速度は鈍化するだろうと予想している。広告収入の伸びは2011年には79%だが、2012年には44%の伸び(売上は2億ドル)、2013年には24.3%の伸び(売上は2億5000万ドル)となるという。

それでもLinkedInには毎秒2人の新規加入者があり、1億2000万人がすでに登録している。広告主にとっては魅力的な媒体であることは確かだ。

eMarketerの推計によれば今年の全オンライン広告に対する割合でみると、アメリカでは8.8%、全世界では6.9%がソーシャル広告に費やされる。2013にはソーシャル広告のシェアはアメリカ11.7%、世界で9.4%に上昇する。

ただし、eMarketerの推計には、近々現れるはずの全く新しいタイプのソーシャル広告の影響が含まれていない。たとえば数週間前のTechCrunch DisruptカンファレンスでFacebookの広告担当プロダクト・マネージャーのGokul RajaramはFacebookが「AdSenseタイプの新しい広告フォーマットを準備中だ」と語っている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+