nucaptcha

ユーザフレンドリなキャプチャNuCaptchaがモバイルバージョンを提供

次の記事

Google、世界のスマートフォン利用データと分析ツールを‘Our Mobile Planet’で無料公開

NC

‘人間フレンドリな’キャプチャであるビデオキャプチャを開発したNuCaptchaがこのほど、AndroidやiOSなどモバイル専用のキャプチャを発表した。

キャプチャとは、Webサイト上にゆがんだ形で表示される言葉や数字を、人間ユーザが正しく読んで正しく入力する、という一種の認証方式で、スパムをばらまく自動化システム(≠人間)を撃退することが目的だ。いちばん多いのはテキストのキャプチャだが、しかしそれを、難しくて分かりづらいと感じるユーザも少なくない。NuCaptchaは、ビデオキャプチャによってその苦痛をなくし、ユーザフレンドリなキャプチャを実現しようとしている。

NuCaptchaはここ数年、セキュリティの強化に努め、ゆがんでない、たったの3文字で十分使いものになるキャプチャを目指してきた。また、NuCaptcha Behavior Analysis Systemが危機を察知したサイトでは、最大8文字までを使える。

NuCaptchaのモバイルバージョンは、シンプルさではWebバージョンと同じだが、複数の異なるデバイス上でも同じように使えることを目指している。たとえばユーザがタッチスクリーン上でキャプチャを入力しようとすると、NuCaptchaはキーボード以外のスペースをうまく見つけて、そこを使う(上の画像)。NuCaptchaは元々FlashやJavaScriptを必要としないが、今年の最終四半期にはHTML5バージョンを出す予定だ。

現在NuCaptchaは、毎月数百万のキャプチャをサーブしている(無料とプロとエンタプライズの計)が、ユーザはそのサイズや使うビデオ、セキュリティのレベル、ブランド化などを指定できるほかに、NuCaptchaのAdvertising Programs(広告プログラム)により広告と収益獲得も図れる。

NuCaptchaの競合相手はReCaptchaだが、ここは2009年にGoogleに買収された

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))