新Kindleから広告を外そう ― 料金を払って

次の記事

Twitterのドーシー会長:「ニューヨークには盛大なテック・コミュニティーができる。われわれはそのお手伝いをする」

Kindle購入者は、永久にKindle上の広告を見続けるかどうかを、購入時点で決断する必要がなくなった。先週発表された第4世代Kindleでは、購入者が30ドル払えば、いわゆる「Special Offers」(広告)を消すことができる。これは、通常の広告無しKindleを買った場合の差額と同額だ。賢明である。

削除の手順は複雑ではなく隠されてもいない。ユーザーのAmazonアカウントページで「Manage Your Kindle」に行き「Manage Your Devices」をクリックし、「Special Offers」を unsubscribe(購読中止)するオプションを選べばよい。 そして、実際のところあまり目立たないあの広告を消すために30ドル請求される。

これは、新型のキーボード無しKindleと、恐らく近日発売のタッチモデルのみに適用可能とのこと。以前の世代の広告付きKindleは、生涯を広告と共に生きることになる(削除する方法をググらない限り)。

この決定で、広告付きKindleがますます心をそそる。低価格による導入を、顧客を永久に広告で縛ることなく実現している。Amazonがこの過程で失うものは何一つない。これによってAmazonの広告スペースをより多くの目に晒すことが可能になり、それを削除するのに特別な料金を課さないことで、会社が寛大に見える。これで、にわかに広告付きKindleが売りやすく魅力的になることから、今後このしくみは広く告知されることになると思われる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)