Google+の通知が多くてウンザリしている人へ。誰が送れるかを選べるようになります

次の記事

iPhoneを350倍の医療顕微鏡に変える(50ドル以下で)

かつてあるおかしな人物が、Google+で私をメンションし、そのメンションをクリックするたびに、少々落ち込むことがあった(《これのことだよ》と書きたい衝動を抑えきれない)。そこで私は思った、「どうしてGoogle? どうしてGoogle+ではこの変な人物を「ブロック」できないの?」と。

そう思ったのは私だけではなかったようで、Googleは、メニューバーの右隅で赤く点滅するアレの、カウントを上げるパワーを誰に与えるかコントロールする能力をGoogle+ユーザーに授けた。

これからは、個別のシェア、メンション、ビデオチャットの招待、プレイの招待、メッセージ送信、およびユーザーが「この記事について通知を受け取る」機能を選んだ時に、いつ通知が送られるかを調整できるようになる。しかし、この新しいパワーへの夢に酔いしれる前に言っておくと、これからも誰かがあなたの記事にコメントを付けたり、あなたを新しいサークルに追加した時には、どういうわけか通知が送られる。

ささやかな前進だ・・・もちろんGoogleが「ゆっくり」と展開しているので、私のところにはまだこの機能が来ていない。私のTechCrunchパワーを見よ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)