iOS 5のうるさいNewsstandアイコンを隠す方法

次の記事

パソコン市場は依然拡大中―トップはHP、LenovoがDellを抜いて2位に浮上(Gartner調べ)

みなさんもiOS 5にアップグレードされたことと思う。その輝く新機能の数々を見よ。iMessage! 通知センター! Newsstand!

待て、Newsstand? デジタル雑誌・新聞だけのための特別なフォルダー?興味なし。さっさと削除しよう・・・と思ったらできない。まあいい、フォルダーに入れよう・・・ノー、それもできない。

実は、〈できる〉― ただし〈やるべきでは〉ない。The Internet Hiveの賢い連中がやり方を見つけた。

このトリック(The Coding Massacreが最初に報告した)は簡単(Jailbreak不要!)だが、ちょっとした電光石火の指使いが必要だ。明らかに何かのバグに違いないが、フォルダーを作ってから約0.5秒間、自動的にNewsstandを拒否する設定が働いていない期間があるようだ。

やり方は以下の通り:

  • Newsstand以外のアプリを、別のNewsstand以外のアプリの上に重ねる。
  • フォルダーが作られ、ちょっとしたアニメーションが流れている間に、〈即座に〉Newsstandアイコンをこの新しく出来たフォルダーにドラッグする(新しいフォルダーを作るための2つのアプリは、あらかじめNewsstandアプリの近くに置いておくとよい)。ポイントは、新規フォルダーが自動的に拡大される〈前に〉放り込むことだ。
  • ドーン!Newsstandアプリの入った新しいフォルダーの出来あがりだ。

何しろバグなので、このトリックには注意点がいくつかある。フォルダーに入れられたNewsstandは、全く機能しないだけでなく、開こうとするとホーム画面がビビってすぐにリセットされてしまう。それでも、永久に使わないアイコンをいつまでもホーム画面に置いておくよりはマシだ。

それから、たぶんこのトリックがいつまでも使えると思わない方がいいだろう。ホーム画面クラッシュというひどい副作用を考えると、Appleがそう遠からぬうちに修正することは間違いない ― しかし、願わくば何かもう少し危なくない方法に代えてほしいものだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)