live shell
cerevo

ビデオカメラをつなげばPCなしでストリーミングできる小型装置が日本のCerevoから

次の記事

ミクシィの米国法人設立は投資とアライアンスのためのもの――Bullpen Capitalに間接出資

cerevo featured

日本のCerevoが、“Live Shell”と名付けた新製品を昨日(米国時間10/17)発表した。PCを使わずにライブのビデオを(Ustreamから)ストリーミングできる、小さなデバイスだ。同社は昨年、”Livebox”という同様の製品を発売したが、それに比べると大きく改良されている。

Live Shellのサイズはわずか68×120×26mm、重量106gで、Ustream公認の証しに”Ustream Compatible”のマークがある。Webには、IEEE 802.11b/g/nのWi-Fi、モバイルのルータ、またはEthernetで接続する。


CerevoのWebサイトでユーザ登録をしたら、自分のカメラをLive Shellにつなぎ、3本の電池で3時間ストリーミングできる。ACアダプタもある。ブロードキャストの管理は、Web上のCerevoのサイトまたはスマートフォンで行う。下の画像は、スマートフォンのダッシュボードだ。

年内発売(ネット販売のみ)を予定しているが、すでに予約を受け付けている。価格はUSドル換算で350ドルだ。なお、このカメラは、Cerevoの秋葉原本社の近くからのライブストリームだ。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))