速報:Android 4.0 Ice Cream Sandwichの新機能一覧

次の記事

ビデオカメラをつなげばPCなしでストリーミングできる小型装置が日本のCerevoから

ics-lg

私のようなハードウェア・ジャンキーの読者はここ数週間、Galaxy Nexusのスペックについてああでもないこうでもないと言い交わしていたかもしれない。 しかしさきほどのAndroid 4.0 Ice Cream Sandwichのリリースを見ると、ソフトウェアも同じくらい(それ以上とはいわないまでも)エキサイティングだ。

とりあえず主要な機能をリストアップしてみた。

なお、Galaxy Nexus/Ice Cream Sandwichの試用レポートはこちら。Android 4.0が出荷されるのは11月になる。



  • Roboto: Droid Sansに代わってRobotoという新フォントを搭載。
  • 横位置でのボタン: Galaxy Nexusは以前のAndroidにあったハードウェアのボタンを画面上に移植しているが、ビデオを横位置ワイドスクリーンモードで見るときには巧みに姿を消す。
  • ウェジェットのサイズ変更: Ice Cream Sandwichの標準ウェジェットはサイズ変更が可能。安定性も向上した。Appドロワーにそれぞれ個別に保管される。
  • フォルダ: アプリをドラグして別のアプリに乗せるとiOS方式で新しいフォルダが作られる。
  • お気に入りトレイ: ユーザーはお気に入りのアプリ、リンク、フォルダを新設のお気に入りトレイの集めておくことができる。
  • スクリーンショット: やっとAndroidでもスクリーンショットが撮れるようになった。電源ボタンを長押ししながらボリューム・ボタンを押すとスクリーンショットが撮れる。
  • 通知: ここには大きな変更があった。コンテンツのカスタマイズ範囲が拡大された。音楽のコントロールが統合され、また通知ウィンドウは左右スワイプで簡単に消せるようになった。
  • コピー&ペースト: コピー&ペースト操作がずっと簡単になった。テキストのブロックを自由にあちこち動かせるようになったのは非常に便利だ。
  • 顔認識アンロック: Ice Cream Sandwichの新機能の中でも特筆ものが、この顔認識アンロックだ。ユーザーがフロント側カメラを覗き込むだけでロック画面が解除される。
  • 音声入力: 音声入力が改良された。認識精度がよくなり、処理速度も速くなった。
  • ブラウザ: 標準ブラウザがタブ化された。最大16タブまで開ける。後でオフラインで見るためにウェブページを保存することができるようになり、またデスクトップ版のページを表示することもできるようになった。
  • Gmail: Gmailに2行のプレビューが導入された。コンテキスト対応のアクションバーが画面下部に設けられた。メールの選択に左右スワイプが利用できるようになった。
  • Peopleアプリ: 連絡相手リストが改良された。携帯のユーザー自身のプロフィールが用意され、連絡相手情報がGoogle+、 Facebook、Twitterなどからインポートされる。ユーザーはお気に入りの連絡相手を選択し、素早いアクセスのためにホームページやフォルダにそのアイコンを配置することができる。
  • カレンダー: UIが一新され、ピンチ・ズームでカレンダーの内容の表示レベルを自由に変えることができる。
  • データ通信量: ユーザーはある期間にどれほどデータ通信を行ったか確認することができる。またアプリ毎の通信量を調べることができ、特定のアプリについて最大通信量を設定することもできるようになった。
  • カメラ: Tここにも有用な改良が多く行われた。手ぶれ防止機能、オートフォーカスの改良に加えて、写真の送信やGoogle+へのアップロードのためのアプリとの連動機能などが追加された。内蔵の顔認識、パノラマ、微速度撮影、カメラ内画像レタッチなどの機能が追加されたのも見逃せない。
  • Android Beam: NFCチップを利用してユーザーがあらゆる種類のデータを安全に交換できるプラットフォームだ。アプリの場合にはアプリそのものは共有されないが、Android Marketへのリンクが送信される。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 @namekawa01 Google+