paper tapes
Gadgets diy

PCから読める紙テープリーダー: データの長期保存性ではハードディスクよりも有利かな??

次の記事

Google: 企業/教育機関向けChromebookの新料金プランは顧客の自主性尊重に軸足

重要な文書のための、安定性の良いストレージメディアを探していた人は、この記事に出会えて幸運だ。紙テープリーダーTR-01を使うと、古い(あるいは新しい)紙テープをPCに直接読み込める。テープを搬送するのはユーザの手(ないし指)だから、読み込みスピードは速くも遅くもできる。上のビデオは、2進数を数える、LEDが歩く、かわいらしいライトショウを演ずるなど、あなたとあなたの子どものための、おもしろいトリックを見せてくれる。

このキットは2008年に180ドルで買えた…プロジェクトのページはここ…そして作者のMike Davisは今でも、レトロなハードウェアの熱心なファンには売ってくれるようだ。ぼくからの問い合わせメールにはまだ返事がないが、EA(Electronic Arts)が、最先端の流行に敏感な人たちのために、Battlefield 3の紙テープバージョンを出すことに決めたら、きっと彼は増産に踏み切るだろう。

残念なことに、紙テープライターはないから、家族の写真を子孫のために8ビットに変換して紙に保存することはできない。でも子孫たちはそれを見て、お祭り用の紙テープと間違え、うっかりその上にコーヒーをこぼしたりして、捨ててしまうだろう。

アップデート – Mikeは、需要があれば今でも作れる、と言っている:

今でも売っているよ。でも今は、残っていた唯一の部品を売ってしまったから、リストには載せてない。来週、読み取り用の光学部品を注文するつもりだ。だから、1週間待ってくれれば、TR-01を再びリストに載せられる。組み立てとテストに、ちょっと手間がかかるんだ。もちろん、全部自分でやる。ワイフのキッチンテーブルの上でね。 🙂

出典: Retrothing

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))