metaio
ISMAR

拡張現実で重力や3D効果, 重なり/隠れ効果などをリアルタイムで作り出すMetaio

次の記事

Gildがデベロッパをクイズ合戦させるだけでなく,これからは直接対決勝負も

cupcake

ドイツで拡張現実(augmented reality, AR)をやっているMetaioが今日(米国時間10/27)、スイスのバーゼルで行われた今年のISMARカンファレンスで、彼らの中核技術のアップデートをいくつか紹介した。それらのアップデートには、ドキュメンテーションとして技術的に高度なホワイトペーパーがあるだけでなく、ありがたいことに、ビデオによるデモが数本ある(アルゴリズムに弱いぼくのような人間用)。

アップデートの中心的なテーマは、以下の3点だ:

  • 重力の存在を表現
  • 3Dのオブジェクトを認識
  • 遮蔽(occlusion)の表現(仮想オブジェクトの手前をリアルオブジェクトが横切った場合、その仮想オブジェクトがリアルオブジェクトによって隠される

なぁんだ、重力や遮蔽はビデオゲームに昔からあるじゃん。先週本誌が紹介したMicrosoftのデモも、拡張仮想オブジェクトに関して重力と遮蔽を、容易にかつエレガントに表現していた。しかし、Metaioの技術が重要なのは、これらの効果をリアルタイムで作り出すからだ…照明など、いろんな条件が異なる環境下で。ゲームなど、あらかじめ決まった特定のシナリオ上で実現するのではなく、あちこちの現場でリアルタイムで重力等を表現するから、今後の実用性がきわめて大きいのだ。

もうすぐホワイトペーパーがmetaio.comで公開されるはずだから、数学に強い人にはおすすめする。ぼくみたいな人は、ビデオだけで我慢しよう。

遮蔽のプレビューは、9月にミュンヘンで行われたinsideARカンファレンスでも見た。Kinectを使ったそのときのデモを、ぼくの個人的なビデオで見ていただこう。

詳しい情報は、同社の正式のプレスリリースに載っている。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))