一般PC向けWebサイトをモバイル向けに最適化する: GoogleのGoMoがロンチ

次の記事

ミクシィがスマートフォンのコンテンツ課金のソリューションを手がけるコニットを買収

gomo-main-logo

すでにリークされていた, GoogleのGoMoサービスが今日(米国時間11/1)ロンチされる。企業がモバイルフレンドリなWebサイトを簡単に作れるための、支援サービスだ。このサービスのWebサイトは今週初めに見つかっていたが、でもパスワードに保護されていて表紙ページしか見れなかった。そして今日からは、 そのGoMoが一般公開されるのだ。

企業のオーナーが自分のところの現在のWebサイトのURLをHowToGoMo.comで入力すると、それがモバイル上でどんなふうに見えるかを見せてくれる。GoMoは、モバイル向けの改良アイデアをいろいろ言ってくれる。また、参考のために優れたモバイル向けWebサイトのサンプルや、モバイルサイトのデベロッパのリストも見せる。

Google自身は、デベロッパサービスを最近アップデートされたGoogle Sites*で提供している。そこへのリンクも、もちろんある。ただし礼儀正しくリストのトップではなくて、アルファベット順に、 Atmio, Inc.とDudaMobileの次にある。〔*:Google Sitesには、Webサイトデベロッパのためのデベロッパツールもある。〕

そのリスト上のデベロッパは、タイプ別(DIYか完全おまかせタイプか)、費用、納期などで分類されている。

GoMoは、なるべく多くの企業にモバイル専用サイトを持たせて、その上で広告を稼ぎたいと願うGoogleの、マーケティング努力だ。〔Google Sitesの利用も、無料である。〕

今でも消費者は、モバイル上で(スマートフォンの小さな画面で)PC向けWebサイトを見て苦労している。だから、こんなサービスが普及するのは、良いことだね。

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))