Groupon IPO:一番の勝ち組は誰?

次の記事

Apple、携帯電話メーカーの利益シェア52%。幹部に巨額ボーナス

株主 株数 価値 議決権 %
CEO Andrew D. Mason 46,934,488 $1,220,296,688 19%
Former CTO Kenneth M. Pelletier 2,698,944 $70,172,544
Former COO Robert S. Solomon 4,055,000 $105,430,000
Brian K. Totty 624,786 $16,244,436
Board member Mellody Hobson 10,000 $260,000
Co-founder Bradley A. Keywell 624,786 $1,071,850,988 10.2%
Lightbank VC Eric P. Lefkofsky 129,239,408 $3,360,224,608 28.1%
Board member Theodore J. Leonsis 1,848,770 $48,068,020
Starbucks Chairman Howard Schultz 1,899,336 $49,382,736
New Enterprise Associates, Inc 87,453,072 $2,273,779,872 8.8%
Accel Growth Fund L.P. 33,203,928 $863,302,128 3.4%
MyCityDeal’s Oliver & Marc Samwer 39,168,960 $1,018,392,960 4%

照明内蔵スリッパの販売から3年で、従業員1万人の安定企業に転身したGrouponが、今日、株式上場した。反応はさまざまである。発行価格は20ドルで、売り出し直後の熱狂で28ドルまで上昇したが、取引終了時には26ドルに落ち着いた。

Grouponの共同ファウンダーや上級幹部らは、初期の調達ラウンドで数億ドルを手にしたことで悪名高いが、今もまだ目立つ存在であることが、Grouponの最新S-1書類の株式割当一覧で明らかになった。一番の勝ち組? Lightbankのファウンダー、Eric Lefkoskyは、議決権株式28.1%を持ち、今や億万長者の3倍以上だ。一方、CEO Andrew MasonのGroupon株は、現在12億ドルの価値だ。

VC会社のAccel PartnersとSamwer Brothersも、IPO後は人もうらやむ立場にあり、その骨折りに対していずれも約10億ドル相当のGroupon株を手にした。上記リストのおそらく全員が、慣例上6ヵ月間株式転売を禁止されていると思われるが、その頃株価がどうなっているかは神のみぞ知るだ。

待っている間のために、Masonと私の、彼がカッコよかったそれほど風変わりじゃなかった頃のビデオを貼っておいた。 [Hi Andrew :)]

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)