Apple、携帯電話メーカーの利益シェア52%。幹部に巨額ボーナス

次の記事

IPO対策? Facebook、広告を目立たせるデザイン改訂をテスト中

すでにご存じと思うが、AndroidのモバイルOSに関しては、最近良いニュースが多いNielsenのおかげで、それを再確認できた。AndroidはモバイルOSのリーダーであり、いまや米国スマートフォン市場シェアの43%を占めている(7月は39%だった)。一方、AppleのiOSは同時期に28%を維持し、大差の2位だった。

もちろん、Appleではちょっとした垂直統合が起きており、モバイルソフトウェア市場シェアでGoogleに大きく遅れを取りながらも、スマートフォンユーザーの28%全員がiPhoneを使っていることもあり、今四半期もまたトップ製造会社となった。ハードウェアは大きくApple側に傾いている。

さて、iPhoneは2011年Q3に出荷された携帯電話機中4.2%と、比較的小さなシェアしか占めていないにもかかわらず、Appleは業界の全利益の半分以上を稼ぎ出している。そうなのだ。 Canaccord Genuityのアナリスト、Mike Walkleyによると、全世界の携帯電話メーカートップ8社の中で、Appleは総営業利益の52%を占めている。見事な数字だと思うかもしれないが、第2四半期の57%から下がった結果である。

比較して、Samsungは29%(昨期は18%)、HTCは9%、RIM 7%、Nokia 4%だった。Appleの営業利益シェア52%は、iPhoneの出荷台数シェアが比較的少ないことを考えると目覚ましいと言えるが、Samsungの急成長もまた注目に値する。

Walkleyによると、Samsungが、主としてAndroid Glaxy S IIによって11ポイントのシェア増加を達成した一方で、RIMとNokiaは下降を続けている。もちろん、多くの人々がRIMの将来を悲観しているが、少なくともNokiaはWindows Phoneで存在感を見せ、米国市場に参入して沈みかけた船を救おうとしている。

ちなみに、同アナリスト(および調査会社)によると、Appleの新iPhone 4Sは、AT&T、Sprint、Verizon(米国の三大キャリアー)で最も売れた機種であり、iPhone 4は ― 次機種が発売されたにもかかわらず ― 未だに各キャリアーの売れ筋機種である。9to5Macが言うように、電話機が古くなると、利幅が大きくなるのだろう。これらの機種の人気上昇に伴い、Appleは2011年Q4に、2900万台のiPhoneを出荷すると、Walkleyは予測している。

それだけではない。このSEC提出書類の変遷が示す通り、Appleの幹部たちは、〈好調な会計年度(収益1000億ドルを超えた年)に対する報酬〉を受け始めている。同社は株式100万株を幹部上位7名に対して与え、彼らが2016年まで在籍すれば大きく財布を膨らますことになる。最近インターネット・ソフトウェア&サービス担当SVPに昇進したEddy Cueは、10万株を制限付き株式として受け取った。うち25%は2014年9月に取引自由な株式となり、残りは2016年9月にその権利が与えられる。

他の6名の幹部は、それぞれ制限付き株式15万株を受け取り、50%は2013年6月に、残りは2016年3月に取引権を与えられる。現在のAppleの株価に基づくと、15万株を受け取った幹部にとって、その日は約6000万ドルの給料日ということになる(6人の内訳は、iOSソフトウェアSVP、Scott Forstall、ハードウェアエンジニアリングSVP、Bob Mansfield、SVP兼CFO、Peter Oppenheimer、全世界製品マーケティングSVP、Phil Schiller、SVP兼法務責任者、Bruce Sewell、事業担当SVP、Jeff Williams)。

Appleの新CEO、Tim Cookはこれらの最新提出資料では言及されていなかったが、彼はCEO就任時に株式100万株を授与されており、50%が2016年8月、残りが2021年8月に取引可能となる(それまでCookがApple従業員であった場合)。

というわけで、モバイルソフトウェアでGoogleが上昇を続ける一方で、そのハードウェアと、iPhone 4(そして今iPhone 4Sも)による世界支配によって、Appleとその幹部たち、両方が現金を手に入れつつあるようだ。

画像を提供してくれたAlistair Israelに感謝する。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)