遠隔地に触覚までをも伝達する、慶応大学舘教授のテレプレゼンスロボット(動画あり)

次の記事

Nookタブレットの実機デモ(ビデオあり)

Picture 1慶応大学の舘教授は、1980年代からテレプレゼンスロボットの研究を続けている。そして発表されたTELESAR Vはテレイグジスタンス・ロボットアバターと呼ばれ、舘研究室のこれまでの集大成となっている。ロボットは視覚、聴覚、および触覚までをも遠隔地に伝えることができ、人々を時間的空間的制約から解き放つものとして期待されている。

ロボットの機能として目指すのは、遠隔地においてオルターエゴ(アバターと言った方がわかりやすいだろうか)として動くようなレベルだ。遠隔地で動くロボットの視覚を通してオペレーターも同じ物を見て、そしてロボットが耳にするものを聞く。最新のモデルVでは、手に埋め込んだセンサーを通してロボットが触ったものの「形」や「温度」までを感じることができる。

ここに添付したビデオ(Diginfo TVの撮影したもので、英語で説明が流れている)をご覧になれば、TELESAR Vについてより詳細がお分かりいただけると思う。

Edit this post →

原文へ

(翻訳:Maeda, H)