Apple曰く、SiriはiPhone 4Sのみ。旧機種への対応予定は全くなし

次の記事

Steveの哄笑が聞こえる–Adobeがモバイルデバイス用のFlashを断念

siriiphone4このところ、AppleもSiriを旧デバイスで動かすつもりなのではないかという噂を耳にしていた。iPhone 4では実際にテストも行われているという話もあった。このニュースはあまりあり得ることでもなさそうに思えたので、TechCrunchではAppleの公式アナウンスを待っていたが、やはり思っていた通りとなった。すなわちSiriはiPhone 4S専用であり、少なくともオフィシャルにはそれ以外の機種で動作させる予定はないとのことだ。

そうは言ってもiPhone 4第4世代iPod Touch、あるいはiPhone 3GSで動作しているのを見たと主張する人もいるかもしれない。しかしそれらはいずれもAppleが関与しないところで行われたものだ。AppleがSiriを旧機種にも対応させるように作業中だという噂は広まったが、それらは噂に過ぎなかったのだということでひとまずの決着をみたわけだ。Michael SteeberというiOS上での開発者がAppleに対し、iOS5の有料アップデートでSiriをサポートするという話の実現可能性について問い合わせた。

Appleからは次のような回答があった。

エンジニアリング部門からは次のような回答がありました。曰く、SiriはiPhone 4Sのみで動作するもので、旧機種上で動作するようにしようという話は現在のところありません。

そう言われてみれば、確かにSiriを旧機種で動かすことにAppleとしての旨味もない。Appleは今回のアップデートで、外見的には従来のものとさほど変わらないものをリリースしてきた。それについてがっかりした人も多い。そのような中で、Siriこそが大きな差別化要因となっているわけだ。スペック的には旧機種と新機種には大きな違いがあると言ってみたところで、細かな機能差に注意して違いを把握する消費者などは少数派に過ぎない。

つまり、Siriを旧機種でも動作させることはすなわちiPhone 4Sの価値を引き下げることにもなりかねないわけだ。そう考えてみると、確かに旧機種では動作させないというAppleの決定に、ほっと胸を撫で下ろす自分に気付いたりもするのだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)